ミッドウェイを負債で売却

13 May 2022 0 By admin

ミッドウェイ・ゲームズの筆頭株主で、87%の証券を保有していたサムナー・レッドストーン氏は、その株式をマーク・トーマス氏に売却した。 ウォールストリート・ジャーナルによると、レッドストーン氏は、自身の会社であるナショナル・アミューズの債務負担を軽減するために今回の措置に踏み切りました

ミッドウェイは負債で売却

ミッドウェイ・ゲームズの筆頭株主であるサムナー・レッドストーン氏は、87%の証券を保有していましたが、その株式をマーク・トーマス氏1名に売却したとのことです。 ウォールストリート・ジャーナルによると、レッドストーン氏は、自身の会社であるナショナル・アミューズメンツ社の債務負担を軽減するためにこの措置を取ったとのことです

この株は10万ドル、つまり1株0.0012ドルという破格の値段で落札されたのである。 しかし、トーマスが7000万ドル相当の負債を一緒に買っていることを考えると、そのような支配権でも過剰に思える。 一方、レッドストーン氏はミッドウェイ以外にも十分な問題を抱えており、彼の経営するナショナル・アミューズメンツ社には16億ドルの債務があり、2008年末までにその半分を支払わなければなりません