『Detroit: Become Human』の作者が語る、選択の重要性


David Cageの新しいDetroit: Become Human プロジェクトでは、プレイヤーに完全な選択の自由を与えますが、それぞれの決断には結果が伴うことになります。 クアンティック・ドリームスタジオの代表者は、IGNに語った。 映像にはプロットのネタバレはありません

すでにご存じのように、『Detroit: Becoming Human』の主人公は、キャラ、マーカス、コナーの3人です。 彼らは皆アンドロイドで、常に人間と接する必要があるのです。 しかし、出会った登場人物たちの人工知能に対する考え方は様々で、全員が「人間ではないもの」を信用しようとは思っていません


Detroit: Become HumanのリードライターAdam Williamsは、プレイヤーがキャラクターの人生の一部を自由に生きられるようにすることが最大の目標であると述べました。 開発者が自由に選択できるように、誰もが自分だけのストーリーを構築することができます。 物語の参加者の一人が死んでも、ゲームの終わりには至らず、さらにイベントが展開されるのです。 しかし、重要なキャラクターの不在を含め、誰もが何らかの形で自分の決断の結果に直面することになります David Cage氏は、Detroit: Become Humanの脚本は何千何万ページもあり、彼のゲームでこれほど複雑なプロットを持つものはないと語っています。 結局、作家はあらゆる場面で起こりうる選手の行動を予測しなければならなかったのだ。 ヘビーレイン』と同様に、3人の登場人物の個々のストーリーが絡み合い、互いに影響し合いながら、事件が展開していきます。 そして、最終話は登場人物全員に起こったことが条件となります


Leave a Reply

Your email address will not be published.