Detroit: Become HumanでDetroitが公開されました。


Quantic Dream スタジオは、アクションスリラー「Detroit: Become Human 」の制作に関する新しいビデオを公開しました。 その中で、クリエイターがどのようにビジュアルに取り組んだかが語られていますデザイナーは最初から、カーラがどこで生まれ、どんな世界観で作られるかを考えていたそうです。 そして、ほとんど即座にデトロイトが最適な場所であると判断したのです。 近代的なビルや緑地がある一方で、廃墟も十分にある、非常に特殊な街です。 ハイテク機器の断片を中心に、実際の場所を近未来的に表現してみました

キャラクターの服装作りも同じようにアプローチしています。 開発者は2038年までにファッションや仕立てが劇的に変化することを疑っていたので、「Detroit: Becoming Human」では、LEDの挿入など未来的なディテールを持つだけの、ごく一般的な衣装が見られます

すでにPlayStation Storeで配信されている無料体験版で、ゲームのエリアやキャラクターの一部を見ることができます。 そして、Detroit: Become Human自体は、PS4のみで2018年5月25日に発売されます


Leave a Reply

Your email address will not be published.